トリガーポイント注射で治す腰痛膝痛 なぜ整形外科医は整体・カイロを勧めないのか?

トリガーポイント注射で治す腰痛膝痛 なぜ整形外科医は整体・カイロを勧めないのか?

書名  :トリガーポイント注射で治す腰痛膝痛 なぜ整形外科医は整体・カイロを勧めないのか?  (医療の新常識シリーズ)
著者名 :小林 誠(1964~
出版者名:柘植書房新社


この本は、整体・カイロと整形外科を行ったり来たりしているような私のようなものが、なぜ行ったり来たりする必要があるのか、を理論的に説明する本で、ある意味「画期的」だと思います。
驚くべき事実として、腰痛やひざ痛の原因の多くが「筋筋膜性疼痛」といったもので、整形外科の教科書には「筋筋膜性腰痛」の詳しい説明がないそうです。なんで「整形外科で腰痛が「治らない」のか」の根本原因が書かれています。
J・F・ケネディ大統領の腰痛を治したトラベル先生という方が、「筋筋膜性疼痛」やトリガーポイントについて詳しく調べた最初の方だそうです。俳優の杉良太郎さんを治したことで有名な加茂整形外科医院院長「トリガーポイントブロックで腰痛は治る!」にもこのことが記載されているそうです。

整形外科にいったときに、先生が「リハビリをがんばりましょう」「痛み止めで様子をみてください」といった理由がわかりました。
3日も足がしびれて眠れないのに、リハビリを頑張る元気はありません。

この本を読んで、自分の腰痛のより効率的な治し方を模索することになったのですが、大きなヒントになりました。
保険のきかない高額な整体は治ればまだいいですが、よりコスパのよい保険適用の病院で、トリガーポイント注射をしてもらったほうがいい、と思いました。慢性化している私の場合、どちらも1回では治りませんし、1回2,000円~3,000円と、7,000円~1万円では大きく違いますし。次に私は、トリガーポイント注射をしてくれる病院を探すことにしました。
(この間も、腹式呼吸・ストレッチを激行、してますよ)


最寄の駅の周辺や商店街もよく見てみると、あるある、整体院、鍼灸院、整骨院・・・。
医療制度を根本的に変える必要がある気がいたしました。


読書通帳カテゴリの最新記事